FC2ブログ
LUXXE COASTLINE AJ
 S75M-solid.EXF
すいません 以前の写真なんで~す^^;
20131109_013526.jpg


おはようございます daisanです^^

先日の釣行でなるほど!! そう~なのか! ^^ って思ったことがありまして^^

最近 猛者の方々のブログを拝見させて頂いてて

皆さんも同じようなことを感じているんだなって思っちゃいました^^


連日の応援ポチに どう~もありがとうございます(#^.^#)
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村



私が持っているアジングロッドは2本♪


LUXXE COASTLINE AJ  S75M-solid.EXF
       &
LUXXE COASTLINE  AJ  S610ML-solid.F

いずれも 今の私のアジングの幅を広げてくれた名竿です^^



O君から 610 

san-kunから 75 を  それぞれ譲ってもらったんです♪


猛者の皆さんは ロッドを手にする時って

自分が求めているスタイルに合わせ

ロッド性能を見極めて購入しているんだと思いますが

私は ただただ 高価なロッドを手にしたくて

ロッドを譲ってもらってました

まあ 経験値が浅いので 仕方がないところはあっても

な~~んか”恥ずかしいの~~~笑”


なので 自分にどのスタイルが合っているのか

自覚できるまで 正直今まで掛かりました^^;


私のロッド捌きの一つに 

① キャストしてカウントを行いレンジを探ります 

② ちょんちょんってアクションでGHを跳ね上げて テンションフォールでアタリを待つ

③ ゆっくりとサビきながら またアタリを待つんです^^

④ 下がったJHを元のレンジに戻すために JHを跳ね上げて~~~っと その繰り返し

S610ML-Solid.Fのようにソリッド系の柔らかいロッドでは テンション抜けのようなアタリが取りやすいようで

サビくようなロッド操作に向いている
ってとある猛者さんの記事にありました^^


なので いつの間にか この610に合った操作をしていたんだって 理解ができたんです


そして S75M-Solid.EXFについて^^

ロッド操作は 上記のことが基本なんですが

シンカーウェイト5~7gでのキャロライナリグを自在に操れるロッド性能があるので

結構シャキッとしていて

”掛ける”という意識で自分なりに攻撃的 積極的に

また “乗せ掛け”がAJのコンセプトなんで ホントのパッツン系ほど ”コン!!”って

アタリは出ていないのかもしれませんが 610よりも アタリが明確にでます^^



こんな感じで 自分なりにロッド性能の違いによる釣りの方法も

理解ができつつあるように感じる アジング3年目の春なんです^^


アジングを始めた2011年冬 佐田岬に向かう車内で san-kunからは

”高価なものを買うんじゃなくって どんな釣りがしたいかでロッドは選ばんとね”

って言われていたんですが それがようやく理解ができて 納得ができるようになりました^^


で 今回の記事のまとめなんですが 

ただ単に この2本のAJの違いが分かったっていうんじゃないんですよ



自分の求めるスタイルってことなんです^^


アジングの醍醐味でもある”掛ける”ことにウエイトが向いているってこと♪


今 持っているS75M-Solid.EXF でも十分掛けることができているんですが

これが パッツン系のロッドを手にした時に

どんな釣りの感触になるんだろかと

興味が沸いてきました^^


さすがに エギングタックルを買ったばかりだし

ようやく AJの良さが分かってきたところなので

今のロッドを大切にしたいのですが



興味あるわ~~♪ 笑



長々と私の独り言にお付き合い下さいましてありがとうございました(*^^)v

最後に下のバナーから応援ポチをお願いします(^^♪

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村


今回”ロッド編”って題にしましたが シリーズにするかは未定なんです。。。^^;
すんませ~~ん笑



今年は この2本で勝負やね~~♪






スポンサーサイト