FC2ブログ
おはようございます。daisanです。

デカアジを釣っちゃってですね~~~。

バーンアウトではないのですが、気持ちが一旦、落ち着いたような今日この頃です^^;

太陽号ネタを書く余裕もでてきてですね~~。

と言いつつも、今週末に向けてテンションは否応なしに上がっております(笑)

その前にですね。

前回の釣行で感じたことがありましてね。

今日は、その記事で~~~す
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



前回の釣行では、40cmのアジを釣り上げることに 成功した私ですが、

あまりにも、ロッドの性能などを知らない私に、先輩猛者から

色々とアドバイスをいただきましてね。


前回と前々回の釣行では、”AJ”のロッドの入魂ってことに相成りましたが、

回りの猛者からは、

”あの竿で狙う魚じゃないよ~~”

”20cm程度のアジが一番面白いよ~~”

などがありました。


そっか~~~。 デカアジでの入魂って楽しいし、いいな~~って思っていたのですが、


そりゃ、そうですよね。 あの繊細な竿先を見ると、40cmを超えるようなアジを釣っちゃうのは


無理ですよね。。。


自己満足の道具にしちゃって

無理させてごめんよ”AJ”よ!!


そんなことがあってからはですね。


今度は、”デカアジ用の専用ロッド”や ”キャロ用のアジングロッド”が欲しくなってですね~~。



猛者の方々のブログを拝見させていただいたのですが、

やはり、この方の記事に目が行ってしまって

ライトタフ

詳細・特徴


  • ブランクマテリアル

    超軽量カーボンマテリアルを駆使し、超絶感度を実現。軽快で振り抜けの良いキャストフィーリングをもたらす無塗装アンサンドフィニッシュ。グリップ周りの補強に4軸クワトロクロスを採用し、更なる軽量化、感度、剛性感を追及。


  • ガイドシステム

    トップガイドには超軽量チタンLFトップを採用。繊細なティップの軽量化にこだわり、あえてスレッドを巻かず段差を取る処理のみの仕様。ティップからバットにかけては小口径チタンKTガイドをチョイスし、PEラインによるガイドラッピングトラブルが激減。元ガイドのみ軽量リグキャスト時のチョーク抵抗を考えて適度な高さのチタンATガイドを最適セッティング。各ガイドスレッドの巻き量、コーティング量を極力抑え、徹底的な高感度軽量化を実現。


  • ジョイント

    スムースなベンドカーブと軽量化にこだわり、必要最小限の長さに設定したプットオーバージョイントを採用。


  • リールシートデザイン

    フィット感に定評のあるFuji IPSリールシートを採用。フォアグリップを極力切り詰めたダウンロック方式で重心を手のひらに集中。精悍なブラックポリッシュの塗装にポセイドン・オリジナルリールシートエンブレムを装着。

     
     
  • グリップデザイン
    手のひらにフィットし、受信能力に優れ集中力が持続する超小型センターグリップ。フォアグリップは4軸クワトロクロスを施したカーボンスリーブのみのシンプル構造で、ダイレクトタッチフィーリングと軽量化を実現。セパレート部分もクワトロクロスで4軸補強。極小エンドグリップにはソルティセンセーション・オリジナルエンドプレートを装着。

  • リール装着時
    ワインディングチェックとフォアグリップリングが美しく揃い、段差を極力無くす機能的なデザイン。




高価なものなので、しばらくは買えそうもないロッドですが、

あの方が使っていたと言うことですので、

いいものはいいのでしょうね!!



う~~ん、身分相応ってなやつですね。

ロッドを買ったら、次はリールがいるやろ!!

てなのか、次回の記事になりますよ!!


昨日の応援ポチ、どうもありがとうございました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト