FC2ブログ

こんばんわ~~daisanです

昨晩は、仕事関係の気の合った連中との楽し~~い飲み会でした

次の仕事への励みになりますね

励みと言えば~~~~、そう!!みなさんからの応援ポチも
大きな励みになってます今回も応援の程宜しくお願いしま~~す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


さてさて、皆さんお待たせいたしました


これが、私のnewロッドです

LUXXE COASTLINE  AJ  S610ML-SOLID.F

名前の”AJ”って言うのも格好いい響きじゃないですか~~~
AJ.jpg 

【商品説明】HPより
アジングロッドは、「乗せ掛け」という結論。
現在のアジングにおいて理想のロッドには、アクションを与え続けるストレスを軽減させるための『軽量化』とベイトにコンタクトした瞬間や咥えただけの微細なメッセージを明確に伝える『感度』が求められます。
アジングは超ショートバイトとの戦いです。コンタクトしたアジには少しでも長い時間ベイトを離させず、上顎の…しかも、出来るだけ奥にフッキングさせる…そんな理想のフッキングに持ち込めれば、大アジでも必要以上のファイトをすることなくキャッチできます。
1年を越えるフィールドテストの回答として、高感度で張りのあるソリッドティップに「5センチの余裕」を持ったアクションというものにたどり着きました。『わずか5センチのアローワンス』が、キャストからランディングまでの一連の動作に、さらなる可能性の扉を開く高いアドバンテージを提供してくれるのです。
「乗せ」でも「掛け」でもないアジングロッドに要求された真髄、「乗せ掛け」という“がまかつ”が導き出したコンセプトを実感して下さい。



なるほどね

私が持っているチューブラーのソアレゲーム30とソリッドのピンウィールの両方の性能を兼ね備えているんでしょうか。

さて、そのAJを手に取ってみると~~~

軽~~~~~~い
自重は、なんと!!67g!!

ピンウィールが85gだったんです。あの時も軽いと感じましたが

このAJは一段と軽いです


では、ロッドを振ってみたところですね。

柔らかすぎず、結構しゃきっと戻るんですね。

もう少し、びよんびよんするのかなって思ってました。


ピンウィールと振り比べてみると、(あくまでも私の感じ方なんで違ってたらスンマセン


ピンウィールは振った時の重心がロッドの中心から先にかけてにあるのに対して

AJは、手元にあるので、手や腕にかかる負担が少ないです。

竿先も感じやすいかなって思うんです。今まではロッド全体がしなるって感じがしました。

単に軽いだけでなく、振り易さがアジングを楽しくさせてくれるんでしょうね~~~。


P1060428.jpg 


グリップ部分は、ピンウィールと同じでコルクです。

汚れてくるのでこれが嫌って方もいると聞くんですが、私はその”味”を楽しみたいんです。

金色の装飾も高級感があっていいですね~~


P1060425.jpg 


グリップからエンドにかけてが短いんです。 腕にひっかかりにくいっていうか、手首の方に

支点をもってくることができるので、操作がしやすいです。
 
軽いし操作がしやすいとなると、私のようにガッツリ釣行をする方には、疲れにくいんでしょうね

 P1060427.jpg


あ~~~~。


”AJ”を振りに行きたいですが。。。。。。


22時に子供たちの送迎が。。。。。。。。。。。


どうしましょうかね


NEWロッド購入のご祝儀ポチ頂けませんかね~~~。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



こりゃ~~いい仕事をしてくれるんじゃないですかね~~~





スポンサーサイト